見逃さない!変調と予兆!膨大なデータから潜んでいるリスクファクターを見つけ、未病の段階で本来の自己回復力・恒常性をサポートします。

最先端の多彩な健康管理機能が、驚くほど「簡単な」操作で実現。

ニュースキャン
NewScan(ニュースキャン)は、身体の自己回復、恒常性の能力をサポートするため、ロシア人の科学者が宇宙飛行士の健康管理を目的に世界最先端テクノロジーと伝承医学の融合で開発された波動機器です。
東洋医学やアーユルヴェーダ の考えが広く取り入れられ、心身のバランスをチェックする健康機器です。
着衣のままヘッドフォンをするだけで、簡単なパソコン操作によって自宅にいながら健康チェックや測定結果を得ることが出来ます。

臓器や骨の放つ周波数から、未来の健康を「予測」する。

ニュースキャンデータ
NewScan-SWⅡ(R)(ニュースキャン)は超低周波音(1Hz~9Hz)により、全身の約630箇所を衣服着用のまま、ヘッドフォンを装着するだけで、身体を簡単にしかも短時間で総合的にチェックし、有益な健康度情報を教えてくれます。
わたしたちの臓器や骨など体の各器官は、 それぞれ固有の共鳴する周波数があり、弱い電流を放っています。
これは細胞の働き(互いの情報伝達)に関係しており、 健康な細胞は細胞同士がそれぞれ互いに連携しながら情報を伝達しあうことで、わたしたちの健康は保たれています。
病気の初期段階では、この細胞同士の情報伝達がうまくいかなくなった状態だといえます。

とても解りやすい画像やグラフを見て、「知る」ことから始める健康管理。

それは、免疫の向上や自然治癒力を高める対策にとって、これ以上ない良い機会を作ってくれます。
自分の身体を知ることこそ、いつまでも健康であるために、最も必要なことなのです。

NEWSCAN-SWⅡ(R)のテクノロジー

ロシアの宇宙飛行士の健康管理にも採用されているという事がメディアで報じられて話題になった「NewScan-SWⅡ」のテクノロジーは、 MRI等の従来の検査機器とは全く異なった理論とテクノロジーで作られています。

The next generation of technology
全く新しい次世代のテクノロジー




少し科学的な話になりますが、「リンゴ」「コップ」「ヒト」など、この世界に存在する全ての物質は、それぞれ固有の周波数(振動数)を持っています。
そして、それはノーベル物理学者のマックス・プランク博士 らによって証明されています。勿論、ヒトの内臓や骨にも固有の周波数が存在しており、その周波数(振動数)は、健康な時、体調を崩している時、病気の時とでは大きく異なることが解っています。 NewScan(ニュースキャン)は、その周波数を読み取って独自の健康指標を確認したり(スキャン)、周波数を整える(メタセラピー)最先端のテクノロジーが組み込まれた数少ない健康管理機器です。

病気の手前の状態を「未病」といいますが、いち早く未病を見つけて病気の予防に役立てる事は、「予防医学」の立場から見ても大変望ましい事です。

すべての生物の細胞はラジオの仕組みと同様に、同じ周波数で同調して情報交換をしています。
それがひとたび周波数がずれてしまうとどうなってしまうでしょう?
そうです、ラジオの周波数が合わず聞こえないのと同じく、細胞同士の情報交換がうまくいかなくなってしまいます。
量子物理学の世界観で捉えると、周波数が健康な状態からずれて、それが体全体に及んで機能が低下している状態を「未病」、機能に障害が出た状態が「病気」となります。
そして、NewScan(ニュースキャン)はその周波数のわずかなズレをキャッチし、調整するという概念に基づいて開発されています。
サプリメントや化学薬品などに頼ることなく、周波数の調整による健康管理は、薬害とは無縁の安全な「次世代のテクノロジー」なのです。

製品仕様


ご使用上の注意

●当装置は、医師などの有資格専門家による診断を代行するものではなく、 また医療機器として使用されることを前提として使用されるものではありません。
●医師法・医薬品医療機器等法(旧薬事法)など諸法規の範囲外における日常的な健康管理を対象としたものであり、あなたの意志によって実行される健康管理のための健康情報としてご提案させて頂いております。
●諸法規の制約を逸脱しないよう配慮し、できるだけ簡潔に健康情報としてご提案申し上げます。